【SIMIホワイト】ミスユニバースの口コミだから・・ではなくシミへの効果が重要

肌対策

シミって嫌ですよね。

若いころに比べてシミが増えた・・・と感じている方も多いのでは。

 

今回ご紹介するのは、ビーグレンファーマの「SIMIホワイト(シミホワイト)

これは、化粧品ではなく、飲むタイプの医薬品です。

 

シミの仕組みをおさらいしつつ、「SIMIホワイト」について検討していきましょう。

 

シミができる仕組み 第1段階

では、SIMIホワイトの商品ページをいっしょに見ながら進めましょう。

【シミ改善】ビーグレンファーマ SIMIホワイト

最初に大きくミスユニバースの森理世さんの写真が目に飛び込んできますね。

うーん、お肌白くてすべすべだ。

 

その下に、オトクな定期便のお誘いなどありますけど。。。まだ申込みボタンは押さないで!

シミの仕組みを勉強してからですよ。

 

その前に、まだ「肌と浸透についての記事」を読んでいない方は、読んでおいてくださいね。

→ 肌への浸透とは

 

おなじみ、肌の断面図です。

肌の断面図

肌の断面図

この中の基底層(きていそう)というところに「メラノサイト」という文字を見つけられると思います。

図が少しややこしいのですが、茶色に色づいた部分ではありません。

茶色の部分は「メラニン色素」で、そのメラニン色素を生成するのが、基底層の中にあるメラノサイトという細胞であると考えてください。

 

人が紫外線を浴びると、このメラノサイトでメラニン色素が生成されます。

実はメラニン色素自体は、悪者ではありません。図を見ると、茶色い部分が丸い点を取り囲んでいるのが分かるかと思います。

丸い点は、細胞の核(かく)、つまり細胞の大事な部分。メラニン色素は、細胞核を取り囲み、紫外線から私たちの大事な細胞を守る役目をしているのです。

 

シミができる仕組み 第2段階

私たちの肌では、一定周期ごとにターンオーバーという細胞の入れ替わりが起こっています。

古くなった家の外壁が剥がれ落ちて、その上からまた綺麗に塗り直すようなイメージです(肌の場合は、下から・・・塗り直すかんじですけどね)。

肌のターンオーバー

肌のターンオーバー

紫外線を浴びて生成されたメラニンも、どんどんと表皮の外側へ押し上げられて、最後には古い細胞といっしょに剥がれ落ちて一件落着。

 

ところが、何らかの原因でターンオーバーがスムーズに行われなかったり、メラニンが過剰に生成されてターンオーバーが追い付かなかったりすると、メラニンがその場に留まって滞ってしまいます。

連休中の高速道路の出口みたいに、どんどんたまっていっちゃうのですね。

ターンオーバーの乱れとシミ

ターンオーバーの乱れとシミ

これがメラニン色素の沈着であり、俗に言う「シミ」であるわけです。

 

シミ(色素沈着)をどう退治するか

できてしまったシミをどうするかについては、以下の方法が有効とされています(なお、ここではレーザー治療などの外科的方法は考えないこととします)。

 

  1. 過剰なメラニン色素の生成を抑える
  2. ターンオーバーの機能を整える
  3. メラニン色素の酸化を抑える

 

1つめに関してできることは、紫外線にあたる時間を減らすことです。これは、心がけ次第で、お金をかけないでできますね。

2つめに関しては、規則正しい生活をしてストレスを溜めないことが一番ですが、心がけだけでは難しいかもしれません。

3つめに関しては、ビタミンCを体内に取り入れることが有効だと考えられています。ビタミンCには、1つめの過剰なメラニン色素の生成を抑える機能もあるとされています。

このビタミンCの働きを助けるとともに、活性酸素の作用も抑えてくれるのが、ビタミンEです。したがって、ビタミンEを体内に取り入れることも大切だと言えるでしょう。

 

そのほか、L-システインという、体の内側から代謝を促す物質があります。これを取り入れることで、メラニンの体外への排出をサポートすることができるのです。

 

色素沈着(シミ)に効果がある物質を体内にどう取り込むか

肌への浸透の記事をお読みいただいた方は、上記の物質を皮膚の表面から取り込むことは、なかなか難しいのがお分かりかと思います(ただし、絶対に無理ではありません)。

 

そこで、口から取り入れて、体の内側から作用させるよう考えるのは、自然な流れ。

ただ、サプリメントなど飲むタイプのもので気にかかるのは、内臓への負担。信頼できるものでないと、なかなか口にはできないですよね。

 

SIMIホワイトを選ぶ理由

ビーグレンファーマ(b.glen pharma)の「SIMIホワイト」は、医薬品です。

ここで、先ほどの商品紹介ページに戻ってみてください。

SIMIホワイトは医薬品

SIMIホワイトは医薬品

単なるサプリメントではないんですね。

 

【SIMIホワイトの特徴】を見てみましょう。

L-システインとビタミンC高配合

L-システインとビタミンC高配合

SIMIホワイトには、第3類医薬品におけるL-システイン配合量の上限まで配合。さっきお話した、L-システインですね。

アスコルビン酸というのは、ようはビタミンCと考えてください。これも先ほど出てきました。

シミに効果が高いL-システインとビタミンCを、医薬品ならではの高配合でギュッと詰め込み、シミへの効果を高めているのです。

 

 

肌のターンオーバーを整える

肌のターンオーバーを整える

肌のターンオーバーを整え、シミの元となるメラニンを体外へ排出。

なかなか自分ではケアが難しいターンオーバーをサポートしてくれます。

 

ビタミンEのはたらき

ビタミンEのはたらき

ビタミンEの作用。

ビタミンEの効用については、さきほどお話しましたね。ビタミンEも、もらすことなくSIMIホワイトには配合されています。

 

体の全体に作用

体の全体に作用

体に塗るのではなく、飲んで体内に取り入れるタイプなので、体の全体に作用

肌に塗るタイプの化粧品だと、どうしても手の届かない背中などケアできません。飲むタイプだと、体の内側からボディ全体に効果を行きわたらせることが可能となります。

 

安心サポート・安全品質

安心サポート・安全品質

医薬品専門の無料カウンセリングで安心サポート・安全品質

単なるサプリメントではなく、医薬品として認められているから、医薬品専門のコンサルタントによる無料のカウンセリングが可能です。

やはり、安心と信頼が大切ですからね。

 

さて、いかがだったでしょうか。

肌とシミの仕組みをしっかりと理解することができましたでしょうか。

ここまで読んで納得できた方は、初回限定60%オフ、たっぷり30日分の【SIMIホワイト】定期便を試してみてください。

最低何回・・といった回数のシバリはありませんので、安心してお試しできます。

>>>SIMIホワイトの公式サイトはこちら

▲回数縛りなし▲

 

ビーグレン(b.glen)の社長にお会いしたときの印象

もう10年ほど前になりますが、ビーグレンの児玉社長さまにお会いしたことがあります(現在は米国本社のCEOとして活躍なさっているようです)。

そのときの第一印象は、

 

えっ、男性でこんなキレイな肌の人、はじめて!

 

当然かもしれませんが、自社の製品を使用しているということで、身をもって自社製品の良さをアピールしているんだなと感心した覚えがあります。

今では世界各地に支社を構え、ますます発展を続けているご様子。素晴らしいですね。

タイトルとURLをコピーしました